球体関節人形と色々な話。

人形の制作過程メインで、猫・その他雑談です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。

早速更新途切れていました。


いやね、「いい加減人形で更新しよう!まずは机を片付けて、と……」
と思ってるうちに残業ですっかり「俺は本気出してないだけ」
に逆戻りですよ(;_;)

いかんいかん。

やはり机の上は作業中にしておかないとね……

スポンサーサイト
「家の猫がいなくなった!」
「一年ぶりに帰ってきた!」

っていう話をよく聞きますが、家の猫もたまに数日帰って来ない時あります。長くて4日。

7匹中3匹程がよく出かけます。

先月、初めて1週間帰って来なくて、私は毎日夕方山に向かって名前を叫んでいました。

過保護な私は不安で一杯。
(うっかり遠くに行きすぎて帰り道がわからなくなっちゃったのかしら!?きっとお腹を空かせて泣いているに違いないわ!!)
(もしかして熊猿狐等野性動物の餌食に……!?ああッッッッッなんといこと……!!)
(最近家に来ていた野良猫と一緒に新しい世界、自分探しに出たのかしら……!?……ならば仕方がない……皆には自分の生きる道を選ぶ権利がある……元気ならそれでよし……(涙))

と、意気消沈していた7日目の夕方、洗濯物を畳んでいたらそのコ、何事も無かったかのように
す、と現れたんですよ‼

でも、いつもなら「ニャー!」とあわただしく現れるので、きっと私があまりにも山に向かって名前を叫んだので仕方無く帰って来てくれたんでしょうね!

あんなに抱っこ大好き甘えん坊がちょっと野生化してて2日高いところに登ったまま程ニャーとも鳴かず抱っこも出来ませんでしたもの。


で、帰って来ない間、共通する猫の遠出の理由を考えてみたんですよ。

猫界には選ばれたら行かねばならぬ場所があるのでは?
選ばれし者は突然か、もしくはある時期が来たら行動を起こすと決まった者がいる。
そのさだめは抗う事が出来ず、選ばれし者は旅立って行くのである。
どこまで行くのかはその者にもわからない。かもしれないしわかるかもしれない。
無事帰れる保証はない……
だが行かねばならぬ。

それが猫界の、選ばれし者の掟……


なら、仕方無いですよね。

こういう理由なら寝食(おやつ付)満たされた飼い猫が遠出する理由も納得ってもんです。

凄いですよね相変わらず。


圧倒的な画面構成ストーリー展開画力!!

なんていうんですか、想像力の次元が違います。
一般的な漫画はどんな展開になっても納得・あり得るという共感を得られるんですが、冨樫作品は
「!?ほぅ……(驚嘆)!?……!?」

一般的な漫画は例えば、
作者は正面からボールを投げてきて読み手は見えたり見えなくて当たったり受け取れたり出来るんだけど、冨樫投手の場合は神憑り的な変化球が凄すぎて読み手は翻弄されるしかないという感じ。

私は昔漫画家を志した時期あり、その時コマ割りは冨樫作品を参考にしました。
ネーム描く機会があればまた参考にしたいなあ。


近年は短期集中連載みたいになってますが、一年も休載するならlevelEみたいに月一連載にして欲しいな。


先程マツコさんの番組のアニソン特集で初めて「進撃の巨人」の噂のOPを観たんですけどとっても良いですね!
サビだけは聴いた事あったんですがかなり耳に残ってて気にはなってたんですよ。

進撃の巨人は最初WOWOWで実写を観てまあまあ面白いけど


「絶ッッッッッ対原作と違うな」



ってすぐ分かりましてね。
その後アニメの劇場版も同じくWOWOWで観て「やはり面白いじゃん」という事でAmazonでまとめ買いしました。

昔書店員の頃から売れてるのは知ってたんですが、一巻でグロイ……と断念し、その後皮膚科の待合室で少し読み(混んでるのに回転率良くてあまり読めず)好きなキャラは強いて言えばリヴァイですかな。
もうちょい体格良かったらハマったかも?

進撃の巨人も緻密で壮大な構成で先は全くわからない。
そういう作品は沢山ありますが、私が冨樫作品を崇拝してるだけです。
幽遊白書は難しい単語を辞書引きながら読んだな……


主人公のゴン役割終えてるし…………

少年ジャンプで主人公出なくても話進められる。

まあ、他にもあるけども。


ヒソカをもっと描いて欲しい‼


XJAPANが7月にジャパンツアーやります。

私はチケットを申し込みませんでした。
丁度車検と被ったという事もありますが、アルバムも延期になったなかでどれ程マンネリから脱した演目を披露してくれるのだろうか?
という近年抱いている疑念を払拭しきれなかった為、旅費の工面やシフト調整をする気が起きなかったのです。

当初は迷っていたので勿論行きたいという気持ちが皆無では無かったわけです。

あと、実は絶叫してるファンが苦手なんですよ。
「お願い、歌声聴かせて。話聞かせて」

アコースティックライヴが決定した時も
「またYOSHIKIとToshIがメインか…」
と落胆したのですが、いやまて。

ダリアとI.Vをフォークギターで演ったToshIだぞ…?
あんなこんな曲までアコースティックに!?

むしろレア!!!

とやっと無念な感情でいっぱいな最近なんです……



だけどね‼?



職場で、常に最低限の人数のスタッフなのに、
一人が急に退職した上に一人が出張で長期不在なんよ~!
7月。


ライヴの日程全丸かぶり!!!!!!!!


チケット取れてたとして



行けない何故ならシフト埋まらないから



WOWOWで…
こういう時の為の
WOWOWで




どうも。
更新頑張ってます。

Twitterでは人形話以外は控えようと、こちらにバラまいています。
自分もですが、人形見たくてTwitterホーム覗いたら遡っても人形話題なくて興ざめ……
て事たまにあるので、反省しTwitterはCOOLに行こうと決めました‼

でも面白いやつはリツイートしちゃうのよね☆フフ


さて人形ですが、今職場が落ち着かなくて、今暫く取りかかれません。

ので、構想だけ自分の為にも書いておこうと思います。

まず、次回うつくしま公募展ように普通の少女を制作します。
私はなるべく普通の姿を避けて来ました。何故ならその姿は他の方の人形の方が可愛らしかったからです。
しかし趣向を凝らして目に留まる程の技量もなく結果会場の雰囲気に溶けて終わりなのです。

ですが着物やドレスの方がかえって目に留まる気がしましたので、普通の、と言うと語弊があるようですが、創作人形やってる以上はやはり目指す所です。

が、

リアル寄せで顔を作るといつも誰かに似ている気がして途中で止めてしまうので、意識していかねば。
甘い雰囲気が好きだけど、多分夏の娘みたいになりそうかな…


そして少年。
少年を作る時は「BLの受」を意識していますので、どこかにそれらしさを滲ませるんです。
まだ2体ですが。

制作中断期間が長いと雰囲気忘れてしまうので本当は黙々と続けたい…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。