球体関節人形と色々な話。

人形の制作過程メインで、猫・その他雑談です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お兄さんの新刊とか漫画を数冊買いました。
鬼灯は借りて読んでた上にまだ本誌で読んでたとこだから次の新刊から買うか…

パラ読みしたり何度も戻ったりとダラダラ読み続けるのが楽しいのでやはり電子書籍は要らないや~
外国で電子書籍が流行ってるのは、外国の書籍は厚くて場所も取るからだとか。

和少年を膝二重関節にしてみてイマイチだったので、洋少年は三つ折れ風にしてみました。
完全正座ではなくていいのでそこそこの美少年ポーズがとれればいいので“風”です。
いざ球を付けてから習った当時の「三つ折れは直立難しい」という言葉を思い出しました。

……おいおい…。
そういやゴムも通しにくかったっけ\(^q^)/

でも何とか直立も出来たしゴムも通せましたYO☆

市販の少年(青年か?)ドールって結構ムキムキなイイ身体ですが、あの身体って結構マジ鍛えしないといけないじゃないですか。
いや悪いとは一言も言ってはいない。
実際資料と制作対象年齢を考えると、この子は日々筋トレに励んでいるのだなサイタマみたいになるん?
とかいう妄想をしてしまうんですよ。

男子ドールの原型を作る時どうしたもんかと考えている訳です。
筋肉無の華奢好きの方もいれば女子が大好物の適度に鍛えられた身体(これじゃ青年なんだよな)とかね!
あとエグザイル風。

私個人としては少年なら華奢で行きたいですなぁ。

まぁ、頑張って筋肉甲乙丙ということで!!


拍手コメNさま。
方眼紙型紙は、着物担当に渡す為に実物を型取りしたんです。
人形を渡すと扱い大変だろうと思いまして(^^;)
でも粘土でああいう芯の使い方もあるみたいです。
夏のワンフェスに出られるのでしょうか?
一度位行きたいなぁ!!
行く方向でいようと思います!







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。